足がむくむのは人間としては避けて通れません。

足,むくむ

足,むくむについて

足がむくむのは人間としては避けて通れません。

靴を買う時は夕方に買った方がいいとよく言われますが、これは人間なら誰しも午前中よりは夕方のほうが足がむくんでいることが多く、午前中に靴を買った場合、夕方にはむくみが原因でその靴がきつくなってしまうためです。
なぜ、むくむのでしょうか。
これには大きな理由があるようです。
まず、第一に病気が原因となるもので、腎臓や肝臓、あるいは血液に何らかの病気がある場合にむくんだりするようです。
第二は人間の生活習慣と言いますか、これはどうしても避けては通ることのできない問題です。
人間は誰しも寝ている時以外は立ったり座ったりしていることがほとんどで、足というものは常に体の下に位置します。
さらに重力というものがありますので、体の水分はどうしても足に下がってきてしまい、そのために足がむくんでしまうのです。
水分や塩分を摂取し過ぎるのも一つの要因のようです。
これを解消するには、ふくらはぎを鍛えるためにつま先立ちを繰り返したり、ストレッチをしたり、習慣的に適度なスポーツをしたり、食生活における減塩等もむくみ防止にはいいようです。
あるいはマッサージの専門店に通うのも効果があるようです。
いずれにしても、人間としては避けることのできない問題ですので、できるだけむくむことのないよう、生活を改善する等の工夫が必要のようです。